top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Pinterest
stock-photo-roof-is-leaking-pipe-rupture-at-home-angry-couple-calling-insurance-company-sc

Spec02-2

建築の仕様

雨漏り、カビから守る防水施工

雨漏りや防水施工は、注文住宅建築において極めて重要です。適切な施工がなされないと、建物の構造や内部の素材が損傷し、住宅の耐久性が低下します。これにより、住宅の価値が減少し、住人の健康や快適性にも影響を及ぼします。信頼性の高い防水施工は、住宅の保全性を確保し、住人の安心と満足度を向上させます。

注文住宅の防水対策として、屋根や壁に防水シートとシーリング材を使用することは非常に重要です。まず、屋根の施工では、防水シートを全面に敷き詰めることから始めます。このシートは雨水の侵入を防ぐためのバリアとして機能し、屋根材の下に敷かれることで、万が一屋根材が破損した場合でも内部への水の侵入を防ぎます。シートの接合部分には重ね合わせを行い、しっかりとシーリング材で密閉します。

次に、壁の防水施工に移ります。外壁には防水シートを貼り付け、建物全体を包み込むように施工します。特に窓や扉の周り、継ぎ目部分には注意を払い、シーリング材を丁寧に充填して密閉します。この工程は、水の侵入を完全に防ぐために非常に重要です。

最終的に、防水シートとシーリング材の使用により、注文住宅は長期間にわたって耐久性を保ち、内部の快適さを維持することができます。この防水対策は、家の寿命を延ばし、メンテナンス費用の削減にも寄与します。

◆雨漏り・防水対策

べた基礎のメリットは、全面をコンクリートで固めることで地震時の揺れを効果的に吸収・分散し、建物の倒壊リスクを低減する耐震性の向上が挙げられます。また、地盤が均等に支えられるため特定の部分だけが沈む不同沈下を防ぐ効果もあります。さらに、コンクリートで地面と建物を隔離することでシロアリが床下から侵入しにくくなり、強固な基礎が建物全体の耐久性を向上させるため、長期間にわたり安全に住むことができます。

◆ベタ基礎のメリット

耐震等級3の住宅は、耐震性能が高いことから、資産価値が高くなります。そのため、売却時に有利な条件で売却することができる可能性が高くなります。

4. 資産価値が高く売却時に有利

フラット35Sは、住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型の住宅ローンです。耐震等級3の住宅は、フラット35Sの金利優遇制度を利用することができます。金利優遇制度を利用することで、住宅ローンの金利を低く抑えることができ、住宅購入時の負担を軽減することができます。

3. フラット35Sの金利優遇制度がある

注文住宅のお風呂の防水は非常に重要です。水が漏れると構造材が腐食し、建物全体の耐久性が低下する恐れがあります。富田建設では、お風呂の防水にFRP(繊維強化プラスチック)防水を採用しています。FRP防水は、耐久性に優れ、防水効果が高く、長期間にわたり安心して使用できます。さらに、軽量でありながら強度があり、耐久年数が長いことが特徴です。このため、お風呂を安心してご利用いただけるだけでなく、建物全体の寿命を延ばすことにも繋がります。お客様の快適な生活を守るために、当社は最適な防水施工を提供いたします。

◆お風呂・FRP防水

bottom of page