top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Pinterest
stock-photo-construction-site-engineers-two-businessmen-engineering-objects-in-workplace-w

Spec01-3

建築の仕様

耐震等級3

耐震等級3は、日本の建築基準法で定められた耐震性能の評価指標の中で、最も高いレベルの耐震性能を表します。具体的には、震度6強から7程度の地震でも倒壊や崩壊を防ぎ、住み続けられるレベルの耐震性を備えています。
富田建設では全棟、耐震等級3を取得しております。

 

耐震等級3の住宅を建てるメリットは以下の通りです。

 

1. 地震に強い家を手にすることができる

2. 地震保険料が割引になる

3. フラット35Sの金利優遇制度がある

4. 資産価値が高く売却時に有利

5. 長期優良住宅に求められる性能を概ねクリアできる

耐震等級3の住宅は、地震保険料が割引になります。割引率は保険会社によって異なりますが、最大で50%程度割引になる場合もあります。耐震等級3の住宅は、地震保険料の支払い期間を長期間にわたって考えると、かなりお得になります。

2. 地震保険料が割引になる

耐震等級3の住宅は、震度6強から7程度の地震でも倒壊や崩壊を防ぐことができるため、地震発生時の安全性を大幅に向上させることができます。これは、家族の命を守るだけでなく、家財道具の被害を最小限に抑えることにもつながります。

1. 地震に強い家を手にすることができる

耐震等級3の住宅は、耐震性能が高いことから、資産価値が高くなります。そのため、売却時に有利な条件で売却することができる可能性が高くなります。

4. 資産価値が高く売却時に有利

フラット35Sは、住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型の住宅ローンです。耐震等級3の住宅は、フラット35Sの金利優遇制度を利用することができます。金利優遇制度を利用することで、住宅ローンの金利を低く抑えることができ、住宅購入時の負担を軽減することができます。

3. フラット35Sの金利優遇制度がある

長期優良住宅は、住宅の長寿命化と省エネルギー性能の向上を目的とした制度です。耐震等級3の住宅は、長期優良住宅に求められる性能を概ねクリアしているため、長期優良住宅認定を取得しやすくなります。

5. 長期優良住宅に求められる性能を概ねクリアできる

bottom of page