top of page
  • Instagram
  • Facebook
  • Pinterest
stock-photo-new-construction-of-a-house-framed-new-construction-of-a-house-building-a-new-

Spec01-2

建築の仕様

面材耐力壁

木材や石膏ボードなどの面材を柱や梁などに打ち付けて作る耐力壁のことを、面材耐力壁といいます。筋交いとは異なり、面全体で建物を支えるため、高い耐震性と耐風性を発揮することができます。

 

また、断熱材や気密シートを一体化しやすいというメリットもあり、省エネルギー性能の高い住宅にも向いています。さらに、壁をフラットに仕上げることができるため、すっきりとした外観と広い室内空間を実現できます。


メリット

  • 高い耐震性と耐風性

  • 省エネルギー性能が高い

  • すっきりとした外観と広い室内空間

  • 筋交いに比べて施工がしやすい


デメリット

  • 筋交いに比べて壁厚が必要になる

  • 開口部の制限がある

  • 一部の面材は重量が重い

 

面材耐力壁は、現代の木造住宅において広く使用されている耐力壁です。耐震性やデザイン性、施工性などを総合的に判断して、最適な面材耐力壁を選ぶことが重要です。

bottom of page