Home > イベント Archive

イベント Archive

秋空 茶畑 OPEN HOUSE

S_4961979375519.jpg

S_4971263031128.jpg

S_4961979350768.jpg

S_4961979615603.jpg

旅行やら運動会やらと何かとイベント盛りだくさんの
シルバーウィークも終わりの週末。TOMIKENの「OPEN HOUSE」にも
たくさんのお客様が来てくださいました。OPENなデッキからは緑の茶畑が目の前に広がるのどかな風景です。見上げる高天井からはすっきりと済んだ秋の空。季節の移ろいを感じます。賑やかで和やかなTOMIKNの「OPEN HOUSE」でした。   土山 M様邸

 

少しずつ少しずつ地域に馴染む

1111llll.JPG

R52222uuu02.JPG

釣瓶おとしの秋の夕暮れ。

TOMIKEN白馬店に、威勢のいいお神輿が

やってきました。

白馬村 深空(ふかそら)神社 主祭神 天照大神様。

ちなみに、みそら野の語源は深空(ふかそら)からきているそう。

移動距離が長いのでなんと 軽トラでのお神輿見参です。

これものどかな山村であればこその風景。

 

秋の実りに感謝を捧げ、訪れる厳しい冬への区切りとして

古くから行われてきtた地神社への奉納。

そして地域の交流や絆を深める行事としての秋祭り。

 

さて今年二回目の秋を迎えるTOMIKEN白馬。

帰るお神輿隊を見送りながらふと思う事。

少しづつ少しづつ、この地域にも馴染んでこれたかな。。。(微笑)

R520188733333.JPGのサムネール画像

                                TOMIKEN白馬店

 

 

毎年好例の「鯉の滝登り」

S3209.jpgのサムネール画像

210.jpg

  S222.jpg

16321.jpg

毎年恒例の パナソニックさんのお年賀です。

縁起担ぎの「鯉の滝のぼり」。

勢いのよい事をたとえた、おめでたいパフォーマンスです。

今年は初めて、近江大橋店で行われました。

このおめでたさは、本店にも白馬店にも 届いたかな。(微笑)

                                    TOMIKEN  近江大橋店

やっぱり気持ちいいね!

11111111111111111110.jpgのサムネール画像

11000.jpgのサムネール画像

11318.jpg

11317.jpg

 先週末 大津市 朝日が丘で行われた「OPEN HOUSE」も

たくさんのお客様にお越し頂き、賑やかでアットホームな見学会と

なりました。

室内ではできない事を可能にしてくれる空間として

タイル貼りのアウトリビングが提案されたこのお宅。

カーポートの上の有効利用です。

外空間に身を置けば、一瞬にして心も体もOFFに移動できます。

風を感じ 空に向かって開放~

「インもアウトも楽しめる高台の家」!

お施主様の健康的でアクティブな生活が

もうすぐ始まります(微笑)

                            大津 朝日が丘 S様邸

秋晴れ 秋風 爽快!!

IMGP2127.JPG

IMGP2137.JPG

IMGP2135.JPG

IMGP2147.JPG

 空は深く澄み渡り、満点の秋晴れ。

大工さん達の仕事も軽やかに進みます。(微笑)

これぞ申し分のない建前日和。

さわやかな風が本当に心地よいお昼ご飯タイム。

午後からの作業も! さぁ~ もうひと頑張り !!(^-^)

                                大津 本丸 H様邸

赤ちゃんも心地いいね(微笑)

2014092114295.jpg

7905.jpg

2014092114333.jpg

7809.jpg

気持ちいいのかなぁ~ 

赤ちゃんも 無垢の木の床 (*^-^*)。。。。

明るい空間に木の香り、そして感触。

穏やかで優しい時間が、流れました。

TOMIKENの「OPEN HOUSE] (*^-^*)

                          上岡部 T様邸OPEN HOUSE

                           

 

TV撮影!!

1093268892134.jpg

それは 先月の事。

一本の電話から始まりました。

東京からのその電話は TOMIKENがリノベーションした古民家の撮影依頼でした。

番組名は、BS朝日 「辰巳卓郎の家物語」。」

リフォームすることで新しいライフスタイルを楽しむ「リモデル」を実現した家を、

訪問しそのリモデルの魅力を紹介するという内容です。

そして、数ある物件の中からTOMIKENのHP掲載の「三条油小路の家」に

興味を持ってくれたのです。

1093268902281.jpg

1093269105060.jpg

1093269138138.jpg

 TV出場!!!。

お施主様にも快く了解を頂く事が出来、

この日の撮影が始まりました。

30分の番組ですが 撮影には、丸一日かかりました。

何から何まで 初めての事だらけ。

オンエアーの日は まだ未定ですが、

さぁ、プロの人達の演出、効果で

どのように料理されて仕上がるのか

その日が楽しみです。

ほぼ一日 撮影に協力して下さいましたお施主様、

本当にありがとうございました。                        京都 三条油小路 K様邸

Carp swimming up a waterfall (鯉の滝登り)

663.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年 年初め 

新春恒例の景気付け。

毎年メーカーさんが行ってくれる「鯉の滝登り」

滝の急流をのぼりきる、勢いの良い鯉にあやかってのパフォーマンスです。

 

887774444444.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凛とした空気の中に威勢のいい掛け声が響き渡ります。

788788888.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人というのは昔から、その確かな効果の有る無しに関わらず、良きも悪きも、縁起を担ぐ事が好きな人種です。

科学文明が いかに発達しようともこういう文化が廃れずに、 

受け継がれて行くという事は誠に素敵な事。

その元気一杯のパフォーマンスで、TOMIKENにも、

一気に福の神様が舞い降りてきたよう・・・・・・(微笑)

                                        一月吉日 TOMIKEN 本店

 

我が家に琵琶湖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し分のないお天気に恵まれた先週末。

南比良にて、完成見学会が行われました。

陽の光を受けてキラキラと光る琵琶湖が、

お客様、僕達の視界にストレートに飛び込んできます。

「琵琶湖と暮らす」

プランニングの当初からイメージしていたとおりの

空間です。

空模様、そして四季の移ろいで変わる自然と共に

変わる湖面の表情。

こらから始まるご家族の 日常生活の一部となって

いくのでしょうね。

45445545444444.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全予約制なので、お客様とも

じっくりとしたお話し合いができました。

9999999999999999999999.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

お客様が乗ってこられた 「117クーペ」!

1970年代の日本車を代表する名車の一台。

長く「いすゞ」のフラッグシップを努めた車です。

繊細なラインで、エレガントなスポーツカーは

こうして今見ても、その存在感を放ちます。

維持管理は大変なのでしょうが、そこはこだわりを持って、

あえてこの車を愛車とする。

「こだわり」

TOMIKENにとっても もっとも重要とするところ。

なので、揺るぎないこだわりを持っておられる方に

出会うとなんとも嬉しい気持がします。

 

8888888888888888888.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ン〜 渋い!(^_^)

 

で、おまけ・・・・

こちらは、

「こだわり」をまだまだ何ももたない、

Innocentイノセント(無垢)な天使・・・・・(微笑)

  R5174345.jpg

                                                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南比良新築見学会

空間を提案するショールーム

303073385798.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『緑と生きる』がテーマの

トーヨーキッチン京都ショールームが NEW OPEN。

キッチンだけを展示するのではなく、空間全体のトータルな提案です。

キッチンは、ベネツィアンモザイクの床や壁、照明、家具と共に、

とびきり上質な空間でコーディネートされていました。

303073462284.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工的でありながらも、そのグリーンは空間に

不思議な存在感を放っています。

303073480244.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提案の方向性をぶらさずに、

ハイグレードのキッチン達が、

ハイグレードのアイテム達で演出されています。

オリジナルで斬新そしてラグジュアリーなその提案は、

容赦なく、バッチリいい刺激となりました。(^_-)-☆

                    トーヨーキッチン京都ショールーム  オープニングレセプションにて

 

2013年 TOMIKENお伊勢参り

1359431111983.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初春の、TOMIKEN恒例のお伊勢参り。

1359430017647.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松の内を過ぎた平日というのに、まだまだ沢山の参拝人です。

まるで、テーマーパークのように次から次へと訪れる人の波。

なのに、不思議な感じなのは、凛とした空気は少しも汚れる事なく、

域内の隅々まで、神聖な空気をかもし出しています。

天に向かってすくっと伸びる大木達、

五十鈴川の流れは清く静寂で、 

参道の石ころまでにも何か不思議なパワーを感じます。

毎年、参拝の度に感じる圧倒的な空間の存在感と、

そしてもう一つ別な安堵感。

日本の象徴、そして私たちの精神の故郷なんでしょうね。

1359431099421.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神の空域から一歩出ればそこは、民の世界。

いつものようにお祭り気分で、賑わうおかげ横丁。

このギャップが、又、面白い!

1359429981770.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいた僕達のお腹は、蒸したてプリプリの伊勢海老で満たされ大満足なり。

神様からのご褒美?にしておきましょう(^_-)-☆

                  TOMIKEN お伊勢参り2013年

 

2013年初棟上げ

松飾りも取れあれよこれよという間に

一月ももう終盤。

2013年TOMIKENの各現場も、まったなしで又動き初めました。

あ〜時間に追われるいつもの毎日です。

ついつい、ブログの書き込みがおなざりな今日この頃です。(~_~;)

 そんな中、TOMIKEN今年初の棟上げが、大津市で行われました。

R5173669.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに大寒まっただ中!

大工さん達も一枚多めに着込んでの仕事風景です。

こんなに寒い棟上げですが、お施主様の可愛い子供さんも元気に参加。(#^.^#)

  R5173672.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日迄のお天気模様でぬかるんだ現場でした。

足元を気にしながら歩く大人と違い、そこは子供さん。

気がついたら、見事に泥だらけの靴。

もさもさとついてきた草も気になります。

ついた泥をなんとか取ろうと苦戦しているところが

なんとも子供らしくて可愛らしいんです。(#^.^#)

R5173676.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも残念ながら、しっかりと付いた泥は、なかなか簡単に取れません。

小さな靴は又 そのまんまで走りだしました。(*´∀`*)

 

今はほとんどが、舗装されたコンクリート社会の中。

雨が降ればぬかるみ、日照りが続いたらひび割れもできます。

やっかいで不便ですが、土の温もり、柔らかな感触、ひなびた匂いはいいものです。

草が芽吹き、花が咲く。呼吸している大地。

可愛い坊やの仕草を眺めながら、

舗装などされてなかったそのむかしの風景に

ふと思いを馳せた棟上げでした。

020.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い中、微笑ましい兄弟さんの仲良しハグ!

お家が出来上がるのを楽しみにしていて下さいね。(^_-)-☆

                                                               大津市  T様 邸                           

縁起物

IMG_5168.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年 明けましておめでとうございます。

TOMIKENの2013年も 今日7日からスタートです。

 

初日の出・初夢・初詣・初占い・・・・・と

いろんな初・・・・がありますが(微笑)。

今日は「初荷」の儀式の日。

「初荷」とはパナソニック電工さんの恒例の、名物儀式です。

その名の通り、年初めの荷にが配達される行事です。

IMG_5167.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

揃いのハッピ姿。日の丸の扇子片手に、威勢のいい「鯉の瀧登り」のパフォーマンス。

鯉が瀧を昇る、勢いよいことのたとえです。

そして三三七拍子。

年の初めになんとも、清々しい気持ちになります。

心をこめての 景気付け!

電工さん!どうもありがとうございました。

IMG_5169.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年一年、

メーカーさん、業者さん、職人さん、そしてお施主様・・・・・・

お世話になってます、どの皆様方にも素晴らしい年でありますように。

                                            TOMIKEN 本社

セミナー in TOMIKEN 近江大橋店

R5173160.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場をかけま回っているスタッフも

設計計画でPCとにらめっこのスタッフも

今日ばかりは勉強会。

TOMIKEN 近江大橋店にプロジェクターがおかれ

店内はいきなりセミナー会場となりました。

 

毎日の仕事に追われて

なかなか勉強をするという時間がない現状。

こういう機会は時間をさいてでも必要ですね。

たまには、いい刺激となりました。 (^ム^)

                                             TOMIKEN 近江大橋店

自慢の仕事! 伝統を守る! いい顔!!

2012-09-08 19.33.36-1.jpg

「滋賀 地酒の祭典」。

びわ湖を囲み山脈が連なり、

その山々を源とした良質な地下水と

豊かな土地が生み出す上質のお米で、

その昔からここ近江の国でも、

さかんに酒造りが行われてきました。

伝統の技術を受け継ぎ頑張って酒作りを

されている滋賀の蔵元さんが一同に集まりました。

蔵元さん自慢のお酒と お酒に合う料理で

会場も和やかな雰囲気に・・・・

造り手さんと飲み手さんの交流です。

2012-09-08 19.21.28-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中!見つけました。

紺地のハッピの中でひときわ目立つオレンジ色の

ハッピ!

今年の春 お家造りをさせて頂いたお施主様でした。

甲賀市 水口の「美冨久酒造」さんです。

日本酒造りの伝統技法である「山廃仕込」を引継ぎ、

時間と手間をかけて、

こだわりのお酒造りをされている蔵元さんです。

限定の純米大吟醸の「三連星」というお酒!

その香りの良さとフルーティさに脱帽です。

 

頑張り、誇りを持ってそしてお酒への愛情を持って

日本酒造りされているんです。

 

ピースサインと満面の笑顔のお施主様。

日本の伝統の技術と味を守っていってくれる

頼もしい若い力です!

ほら!こんなに! いい顔!!(#^.^#)!!

                          

                                「大津プリンスホテル 滋賀 地酒祭典」にて

 

 

 

 

 

可愛い主役さん 女の子

DSCF442122.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日に行われた二つの行事の

もう一つが 棟上げでした。

地鎮祭では、元気な坊やの参加。

男の子らしくその元気な様子で

その場を和ませてくれました。(#^.^#)

で、こちらの棟上げでは

又 、可愛い女の子

その姿に仕草に、

自然と大人達の目も細くなります。                                                      

DSCF442611.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五月の地鎮祭の時よりも

又少し背が伸びてますます可愛いさもUP!!

お人形さんのようデス !!!

愛くるしいその目線を距離感を置きながらも、

僕達のカメラにも向けてくれました。

「らしい」ってやっぱりいいですね。

男の子らしい 女の子らしい 子供らしい・・・・・

同じ日に出会った可愛い主役さん達でした。

 

 どうか 楽しみにしていてね。

お家が出来上がるのを・・・・・(^.^)

DSCF44321.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音羽台 H様邸

可愛い主役さん 男の子

IMG_2146.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暦の上ではもう秋というのに

まだまだ盛夏の日差しの中。

先週の土曜日に、

日を同じくして、二つの大事な行事が行われました。

地鎮祭と そして棟上げです。

どちらの行事にも 小さな子供さんの登場!(#^.^#)

可愛い々その仕草、笑顔にその場の空気もなごみます。

さて まずは 可愛い坊やが地鎮の儀式を手伝ってくれました。

ちなみに今回は 日吉大社様のとり行いです。

IMG_2165.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パパ!僕がしてみるね!  『刈初(かりぞめ)』の儀

IMG_2166.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら!できた!

IMG_2170.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次も僕にまかせて!! よいしょ!!    『穿初(うがちぞめ)』の儀

IMG_2178.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様 にお祈りもちゃんとするよ!

どうかお家がちゃんと建つのを見守って下さいね。 『玉串奉奠(たまぐしほうてん)』

 

と ・・・・・

見事にこの地鎮祭の大役を果たしてくれた頼もしい坊やさんでした。(^J^)!

                                                 音羽台 H様邸

 

 

 

OPEN!そして、First Visitors

11.jpg

6月26日、

近江大橋店がOPENしました。

お天気も快晴!

朝から次々届いたお花やグリーンで、華やぐ店内。

 

業者さんや関係者さんで賑わうそんな中、一番最初のお客様の来店です。

光の差し込む明るい空間。

花の香りに包まれながら、

なごやかな雰囲気の中で、会話も弾みます。

僕達にとって記念すべき一番目のお客様でした。

333.jpg

 

 

 

 

 

 

 

すべての始まりは、出会いから・・・・・・

ここから始まる一期一会に想いを託し、

TOMIKEN二号店の船出です。(#^.^#)

333.jpgのサムネール画像  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

おまけ

111.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くで昼食をとったお店からの粋なはからい。

鯛の塩釜!!こりゃ〜めで鯛!!!(#^.^#) 

どうも 有難うございました。

可愛い主役

IMG_9381.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないおじさんが一杯。誰かな〜

IMG_9411.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も お爺ちゃんと神様にお祈りしましゅ

IMG_9426.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ何だろ〜?

IMG_9425.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て々!!お水が入ってる!

IMG_9428.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も 上手にできるよ!

 

 

先週末の五月晴れの日に 地鎮祭が行われました。

小さな可愛いフプリンセスのあどけないしぐさや、

文句なしの可愛さに 思わずシャッターが・・・・・

さぁ〜どんな お家ができるかな?

楽しみに待っててね(微笑)                                 音羽台  H様                                                                                     

 

 

 

始まりは いつも好奇心

IMG_9611.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「見たい!見なくては!」と、突然に湧き出た思いで

目が醒めた。

下準備も何もしていないので、〇〇グラスとかやらがない。

とりあえず方向を確かめる。

さて何かそれらしきモノはないだろうか???と

事務所に走り、慌ててそれらしきモノを探して見ました。

これ!!!

いいかも!

世の中に出回るグラスは大概真っ黒だけれど

もしかしたら ブルーやレッドやグリーンで見たらどうなんだろう。

たぶん、きっと、目には良くないのだろうけど、

そこは好奇心がムクムク(微笑)

カメラとこのパネルサンプルを抱えて空を見上げました。

IMG_9582_edited-1.jpg

さぁ 神太陽は雲の中で眩い光を放っています。

好奇心一杯で パネルのカラーサンプルを一枚重ねにしたり

二枚重ねにしたり、カラーを変えてみたり・・・・・・(良い子はマネをしないでください)

特にブルーのパネル越しに見えるそれは、まさに幻想的。

好奇心につける薬はナシ(^.^)

あっという間だけれど、御影様で壮大な天空ショーを楽しめる事が出来ました。

IMG_9587.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら、 

しぼりを思いっ切りしぼって、

シャッター速度も上げてカメラに納まったのがこの黄金リング。

厳かで そして底はかりしれないオーラーを感じます。

 

地球上に生命を持つ全てのものが

この陽の光で生かされているという事を再確認した瞬間でした。

                                             TOMIKEN 事務所前                                                   

名残り風の中

P1280114.jpg

神主さんの袖も、いきなりテントもバーン!!!と膨らみます。

荒れに荒れた一昨日の強風の名残り風か、

時折吹く風はテントごと空に持っていきさそうな強風(;゚Д゚)!

姿の見えないその強風に、「どうか、暫くの間、おとなしく・・・・・」と

祈りながらの地鎮祭。

願いが通じたか、無事にカフェの地鎮祭が終了しました。

田畑が広がるのんびりとしたこの場所に、

新しいカフェが生まれます。

楽しみですね。

 

さて、地鎮祭の儀式が終わった後、

お施主様にして頂く事があります。

儀式で使われたお供え物を建物の四方の門に

御さがりものとしてまいてもらいます。

P1280170.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 先ずお水。

P1280189.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒。 

P1280187.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お塩。

 

P1280179.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお米。

これで終了!です。

これが西の国であったら

水がワインに、お米が小麦に変わるかなぁ〜(#^.^#)                                      

                                              甲賀市   カフェN様                                  

4棟の 見学会です

 

Image1-15_edited-1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝、今週から始まる住宅見学会のチラシが朝刊に折り込められました。

今回は二週連続。

まして新築2棟、改築2棟の4棟の公開です。

TOMKENとしても、4棟同時期の見学会は初めての事。

チラシに関しては、最終印刷は業者さんに頼みますが、

内容、構成についてはTOMIKENで決めます。

 

現場の仕上げはもちろんの事、写真撮りや、広告案内文や、

ホームページでの案内や、チラシの構成等、、、、

なにせ、4棟分......しなくてはならい事が山盛りでした。

無事チラシが配布された今朝、

ほっと一息。

Imag.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両面チラシで、二棟ずつの掲載。

もちろんどの家も、それぞれにボリュームもカラーも個性が違います。

それぞれに違う趣での 4つの華の完成です。

写真だけでは伝わらない感触、匂い、感性を是非感じて欲しいものです。

一人でも多くの方に......(^_-)

神の空域

R5171258.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊勢神宮。

日常の世界から、神の世界に入りこむ・・・・

流れる水も、漂う空気も、頭上の空も、木も、石も、白馬も・・・・・・

そこにあるすべてが神聖な感じ。

ここにくれば次第に自然と、身も心もピンと緊張します。

R5171267.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

清々しい冬晴れでした。

建築の仕事に携わった時から、

続けている新年のお伊勢参りです。

今年は、TOMIKEN2号店開設という事もあり、

いつもお世話になっている職人さんや業者さんも参加頂いての

お伊勢参りとなりました。

R5171247.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年一年の報告とお礼、今年一年の抱負を伝えると

気持ちにけじめがつきます。

又新たな決意と共に、今年一年、頑張!です。

 

今年最後の上棟。

R5170310.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月14日、今年最後の上棟が無事行われました。

この日も 頬さす風は冬の冷たさですが

お天気に恵まれた秋の一日でした。

R5170312.jpg                                                                                                         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も、いろんな方々との出会いがありました。

出会いの中で生まれた絆で、

お宅造りのお手伝いをさせてもらえたという事に

改めて感謝の気持ち。

 

お施主様と共に、ゼロから造り上げていく。

一棟々、新たな思いと気合で取り組む。

だから、上棟の日も毎回々、

身が引き締まります。

紙の上にあった面や線が、上棟の日一日で、

いきなり実際のボリュームを持って、立ち上がるのです。

試行錯誤の後にようやく出来上がったプランが

形となって目の前に現れるのですから。

 

文句なしに、上棟の日ってドラマチックな日なんです。(^_-)-☆

                                                     守山 K様邸         

                                  

 

ユニークな形、立ち上がる

R5170242.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピリリとした冷たい風の吹く寒い日。

お揃いのTOMIKENジャンパーの下に、

ガッチリ着込んだ寒さ対策万全の、大工さん達が集まってきました。

そんな、大工さん達を待ちわびていたのは、

いつにもまして、ユニークな形の基礎。

しばし、基礎の形と図面を照らしあわす大工さん達。

ややこしい感じですが、なんとか今日一日も、又宜しくお願いします。!

な、感じで、凛とした空気の中、棟上げがさっそく始まりました。

R5170253.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形は変わっていても、基本は同じ。

作業もいつもどうりに進んで行きます。

 段々と基礎の形どうりに、ユニークな形が立ち上がってきました。

R5170277.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどかに広がる田園風景に、

インパクトのある形がいきなりポーンと現れた感じです。(微笑)

R5170280.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、そして

無事に棟が上がりました。

なんとも々、存在感たっぷりに・・・・・・(^_-)-☆

 

R5170294.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                 日野  S様邸

お寿司屋さんの一年

2011-11-22 22.13.07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬将軍の到来を感じ始めた暮秋の頃、

京都 お寿司「いなせや魚戸」さんがオープンしました。

冬を耐え、春を喜ぶ、夏をしのぎ、そして、一年。

淡々と、確実に、時は流れます。

あっという間の一年です。

お寿司屋さんの店舗は、初めてのトライでした。

日本の食文化を代表する「お寿司」を提供する空間。

 

路地奧という魅惑的なシュチエーション。

カウンター越しに、

客と職人がつかづはなれずの距離感でやりとりする

いなせな空間。

まず清潔感溢れること。

奇をてらう事なく、さりげねない「粋」を感じさせる

凛とした和の空間。

程よい緊張感の中にも、居心地の良さは外せない。

僕達も、いろいろと勉強させてもらいながらの、

お店造りでした。

 

一周年のお祝いのお店は、

多種多様のお客さんで、賑わっていました。

お寿司屋さんの、「色」、「表情」、「匂い」が、

はんなりと空間一杯に、広がっていました。

 

祝一年おめでとうございます。                              

                                             2011・11・21日(オープン)

RENOVATION(リノベーション)

R5168956.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広い会場は、

建築、インテリア業界関係者(た・ぶ・ん)の人達の

熱気で溢れていた。

R5168973.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマは、リノベーション。

最近よく耳にする言葉。

「じゃ〜リフォームと何がどう違うの?」ってところですが。

リフォーム・・・・・古びた内装、外装を単に改修する事、修理的な意味合い。

リノベーション・・・・建物に新たな付加価値を付け再生させること。

           生まれ変わらすというニュアンス。

プラスαの提案力。

僕達側が、どんどんそういう提案をしていく事が

大事な事に。

 

最新の情報を目でみて、手で触り、

感性を 刺激せさる。

R5168963.jpg           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクノロジーも、デザインも、ニーズも、日々変化していく事を

常に頭に置く。

そして何が大事か、本当に必要なものとは何かを、

見極めれる力を、こういう見本市とかに積極的に足を運ぶ事で

養っていきたいものです。

R516.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インテックス大阪南港  LIVING&DEZIGNにて

音の共鳴

 

20110820205020-130.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

まだ昼の暑さが後を引く週末の夜。

京都 「馳走いなせやさん」で、

「お酒と料理と一流のJAZZを楽しむ会」が、

催された。

町屋でJAZZライブ。

NYを拠点に、活動する有名なアーチストの方々。

中井勉氏。

中村健吾氏 。

吉岡秀晃氏。

 

まったりとした夜の空間に、心地良い音が広がっていく。

本当に、不思議と音が空間に満たされていく。

何かしら床板から、音が体に入り込んで行く感じ。

2011-08-20 22.55.01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界を代表するベーシストの中村健吾さんの、演奏後の一言。

「床、天井の木材が、ウッドベースの振動と共鳴しあって、

いい感じに音が膨らんだ。」

コンクリートの壁のJAZZハウスのそれとは、又異なる

音の共鳴が生まれたという訳。

ちなみに、そのウッドベースはなんと180年前の物だそう。

「馳走いなせやさ」んも、100年近い古民家。

互いの周波数と、そのお互いの古さもうまく調和したのですね。

 

2011-08-20 22.55.12.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情緒ある庭の夜景も

艶っぽくJAZZシーンを、演出してくれていました。 

                                京都「馳走いなせや」さん JAZZライブにて

色 調和

20110806153131-724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

古きと 新しき。

 ステンレスが放つ無機質な光と、

古木が漂わすつ有機質な趣。

 

古い家具が、真新しい空間に、どっしりと存在感を持って収まった。

オリジナルのステンレスのキッチンも貫禄を持って収まった。

まったくその性格が違う両者が、向き合った。

でも、不思議と空間にしっくりと馴染んでいる。

 色 調和!

素材もスタイルも違うけれど、

色調を合わす事で 、こんな統一感が生まれました。(^_-)-☆

20110807110705-796.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            甲賀市 F様邸 見学会にて

お引越しまで、もう少し。

R5168263.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気機器や水回りの各設備機器の使い方の説明の事を

取り扱い説明会といいます。

お引渡しの前にお施主様に、

業者さんからの説明を受けてもらいます。

略して「トリセツ」。

「トリセツ」の日が決まると、

僕たちの仕事も、大体終わりに近づきます。

toriatukaisetumei.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背後にTVの、音が聞こえます。

モノ達が何もないガランとした空間に

ひと足にお先にTVだけが、用意されていました。

このお施主様のお宅では、大きなTV棚がポイントのリビングプラン。

今や、TVは、もう一人の家族のような存在。

TVがオンされているだけで、

何かしら生活の気配を感じます。

 

さぁ、

灯りがともり、

人が入り、

モノが入り、

この家の歴史の1ページが始まるのも、もうじきです。(^_-)-☆

                                                 甲賀市  M様邸   

木屋町に又ひとつ 新しい灯

P6160010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスブロックから、光が漏れる。

まったりとした、空気感。

京都 木屋町のBARが、

6月15日 夕暮れ Openした。

人が入り、人が動き、人の会話が飛び交う。

P6160011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーに置かれた足が、ユラユラと遊ぶ。

地面からの距離が、フラリとした浮遊感を誘う。

 

P6160009.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今宵から、

多種多様の人が、このカウンターでくつろぎ、語らい、

そして何かが生まれ・・・・・・・

 

祝!!!

乾杯!\(^o^)/

「NapaIm」(ナパーム)様、

この度のOpen本当におめでとう御座います。 

 

体力には、自信があります。大工さん達。

R0756152.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームTOMIKENの 大工さん達に声をかけた。

「スキー一いかへん?」

 

長いことスキーやっていないという親方大工さんも

スノーボードやってる若手大工さんも 一緒の 

白馬一泊二日のスキーツアーとなった。

R0756148.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気も絶好調。

青い空と 爽やかな空気の中で

大自然を満喫した。

 

普段 金づちやノコギリを持つ手には

ストックが 持ち変えられた。

 

夏の暑さの中では、クーラーのない現場で、

冬の寒さの中では、暖房のない現場での仕事。

しぜんと 環境に耐える力が備わっている大工さん達。

毎日の現場仕事で 鍛えられた体と体力の

たまものか

 

流石!!! 

疲れを知らない。(微笑)

 

雪山を思い々に 楽しめた週末であった。

 

TOMIKENのモノ造りを

手伝ってくれてる

頼りになる大工さん達である。

 

(おまけ)

R0756121.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた びっくり!!

流石!!

外人さんの裸のノリ!!(笑)

同じ目線の高さで

R0756017.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味津々

でも恐る々

警戒しながら

少しずつ

じわじわと 距離が縮む。

 

揺れ動く気持ちの中で

同じ目の高さで、

目線がしっかり合う。

そこに言葉はないけれど

一つの確かなワールドが 出来上がる。

僕たち大人には 入り込めない不思議の世界。(微笑)

 

見ているだけで

心なごむ可愛いシーン。

柔らかな優しい時間が流れたひと時でした。

 

                                           能登川S様邸  現場見学会

言葉

意図も簡単に、家が倉庫がビルが破壊され、流されていくのを

目の当たりにしたこの大地震。

姿、形を変え容赦なく襲いかかる水のパワーには、

耐震構造も、免震構造も、制震構造も、

なんの抵抗にもならなかった。

相手が、モンスターと変貌してしまった

水だったから・・・・・

 

そんな思いの中、

新しいお宅が、又一つ完成した。

最高レベルの暖かいお言葉を頂いた。

 ガツンと響いたこのお言葉!!!!

「この家、大事に使わせてもらいます!」

 

何よりも、どんな言葉よりも、

これ以上嬉しい言葉はない。

物造りに携わっている者には、最高の言葉。

有難くその お気持ちいただきます。<m(__)m>

ご縁があって、

家造りのお手伝いをさせて頂いた事

本当に感謝しています。

 

新しい家での、生活がもうスタートされたお施主様。

月並みな台詞ではありますが、

「どうぞ幸せな々、いつまでも暖かいお家庭を」

 

建物造りを、使命としている僕達にとっても、

悲しい残酷な現実であった。

破壊後の、一日も早い復興を願って

この言葉を胸に抱いて

物を造るという事に精進を重ねて努力していきたい。

                                           

IMG_8715.jpg

復活!

日にちというのは 気にかけないと あっと言う間に過ぎゆく。

ブログサイトの メンテナンスで ログイン待ちの日が続いた。

やっと ブログ再開のお知らせメールが届いた。

かれこれ 三週間位の 御無沙汰。

 

工事現場は 三週間もたつと どんどん進む。

ブログ用の写真も いつの間にか たまっていく。

 

さて。。。

何から書こう~(^_^;)

ぼんやり考える。

 

とりあえず!この ショット!

先日 お宅の引き渡しが行われた。

初めての 小牧という土地での 計画。

なんとか 無事 完成となった。

 

待ちにまったお施主さんの手に 鍵が渡される瞬間。

この 感激の瞬間を ブログ再開としたい(*^^)v

R0754003syou.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

和やか顔が 一杯の見学会

P1270105.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆったりとした玄関である。

秋の日差しの木漏れ日に 大、小の靴が並んだ。

玄関に靴が沢山並ぶというのは、何であれ微笑ましいものだ。

P1270100.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっしりと構えたその平屋は 次々と訪れる人をゆとりをたたえて 

受け入れた。

P1270107.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋という贅沢なしつらえに しばしの空間ゆとりと

贅沢を 感じて頂いけたと思う。

 

P1270117.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4日にわたる見学会であったが

その間中ずーっと 暖かく見守って下さったお施主様に 

本当に感謝致します。

きっと何時となく人が集まり

笑い声の絶えないお宅になるのだろうな・・・・・

 

天空に浮く大屋根に 笑顔が映る((*^_^*))

クレーンと ぴったりサイズ

R0751849.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと これ又 すっぽりと収まった。ひと安心。

クレーン車を取り囲むように 青いコーンが 並ぶ。

いや コーンの並びの中に収まったという感じ。(^_^;)

コンパクトに 収まった栗東Y様の上棟も無事終わった。

R0751873.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様が 女性の方なので献酒もなんだか 優しい感じ。(*^_^*)

さて、ようやく驚異的な猛暑もようやく秋の気配を感じるこの頃。

Y様邸 新築工事 本格的に始まりました。(*^_^*)!!!

みんなの 力で。

IMG_5870.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

走りだした。

新しい美容室が堂々完成!

IMG_5923.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OPEN前の レセプションにお邪魔した。

出来たてホヤホヤの店内は 完成の喜びと、

新しいビジネスへの情熱・やる気で満ち溢れていた。

R0751038.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 のりのいいい彼らが

Tの字を作ってハイポーズ!

TOMIKENのTの字だ。

あ・り・が・と!(*^_^*)

 

本当にご開店おめでとうございます。

店造りのお手伝いをさせて頂けた事に感謝します。

どうぞ その若い力と夢を一つにして

素晴らしいお店造りに進んで下さりますように・・・・・

ご繁盛とご発展をお祈り申し上げます。

 

『一人で見る夢は、それは夢にしか過ぎない。

しかし、みんなで見る夢は現実となる。』・・・・・・エドアルド・ガレアーノ(ブラジルの詩人)

非日常を、感じてもらう。

3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の経験知識にない世界が、非日常であり、他の人には、日常であったりする。

で、生きてきた経験知から、予測が出来ない事柄は、、、、、

興味の沸くものであり、又

不安であったりするものある。

 

日常の中に、 非日常的な空間を作る。

今回のH様邸では、そんな空間作りを提案させて頂いた。

 

管制塔の様に、部屋全体を見渡せる階段踊り場のフリーデスク。(=^・^=)

ガラスの二階廊下。(=^・^=)

 

2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8mmの ガラス二枚に フィルムを挟んだガラスなので、安全 安心という事を念を

おしての、説明後。

ようやく、こわごわガラス上に、一歩を踏み出して下さるお客様。○o。.

面白い、不思議、楽しい~で、大はしゃぎで、行ったり、来たりするお子様達。。○o。.

ガラス越しに、下に見えるママに、嬉しそうに、手を振る、幼児さん達。。○o。.

 

人それぞれに、持つ感覚が様々なのは当然。

この一般的な既成観念にとらわれる事のない空間を、

新鮮な感覚で、それぞれに感じて頂けたと、思う。

4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの、空間を 光と、声、笑い、歓声が、飛び交う賑やかな、

H様邸の 24日 25日の見学会でした。(*^^)v

 

生きている事は素晴らしい。 この世界は面白い事で一杯だ。

(アレキサンダー・グラハム・ベル) 発明家ベル式電話発明者。

 

H様邸にも、可愛い男の子がいます。

この、創造空間のお家で、感性豊かな、のびのびと、どうぞ、大きくなって下さいね。

 

見学会に、ご協力下さいましたH様 本当に有難う御座いました<m(__)m>

外溝工事 焦らず じっくり 楽しんで 進めて下さいね (^_-)-☆

微笑む古民家

P4170131.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかな春の光が、差し込みます。

4月17日、18日両日、野洲 I様邸の見学会が、開催されました。

忍者のように這いつくばって、上から、様子を伺っているわけではありません。(笑)

使われていなかった、屋根裏を、吹き抜けとし、新たに、フリースペースと、書斎が誕生。

次々と、来場されるお客様の姿が、下ろした視界に入ります。

P1250854.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古民家再生ブームもあり?

沢山のお客様が、この見学会にも 足を運んで下さいました。

どうも、有難う御座いました。・

 

P1250845.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロフト上がり部の横長窓には、

いつもと変わらず 正確に行きかう、JRの列車。

新しく蘇った古民家には、生き生きとした人の息吹で賑わった両日でした。

時の刻まれた風格と趣を持ったその古民家は、

なんだか~~

優しく微笑んで、私達を、受け入れてくれてたかの様でした。(微笑)

 

今回 見学会に、ご協力下さいましたI様ご家族様、 

本当に有難う御座いました。<m(__)m>

 

 

見学会と模型

R0015534.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六日、七日と 日野村井本町の家の 住宅見学会が行われました。

朝から 冷たい雨の中 今回も 沢山の方が 来場して下さりました。

いつもながら ホントに嬉しい気持ちです。

今までの模型の一部を 造り付けの収納棚の上に 並べました。

 

R0015517ojiisann.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰をかがめて 興味深く見て下さる お爺さん。

少しきつい体勢です  (すみませんデシタ)(/_;)

R0015510kirinuki.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で。、も。

なんと この坊やには ぴったり目線。

じーっと 模型の家を 見つめています。

目の高さにある模型は  この小さな坊やに どんな想像の世界を

発信してたのでしょう

 

日野雛祭りで 愛らしく彩られた通りに面したK様邸。

今年の五月三日の 歴史ある日野祭りには

さぞかし沢山のお客様で賑やかな一日となる事でしょうね。(*^_^*)

 

見学会に 快く御協力下さいましたK様には 深く感謝の気持ちで 一杯です。

どうも 有難う御座いました。<m(__)m>

縁起もの

P1250259.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仕事始め 

事務所前にて・・・・

パナソニック名物? 

縁起担ぎの「鯉の滝登り」 奉納?がありました

鯉の滝登り・・・・・

黄河の 急流の竜門という滝を 鯉のみが登り切り 竜になれた事から

立身出世の象徴となったとの事 

鯉のしっぽに ハイパワーのスくリューでもついていたのか?(笑)

寒い木枯らしが 吹く中 威勢のいい掛け声が おめでたい雰囲気を盛り上げます

なにはともあれ おめでたい縁起事って いいもんです

寒い中 パナソニックの皆様 有難う御座いました (感謝)

 

P1250257.jpgのサムネール画像 

 

 

めでたく!エントリー

1h.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 光が 漏れています

3h.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 さぁ~おもむろに 登場

 

4h.jpg

 

 

 

 

 

 

  

 

緊張気味に・・・・ 

5h.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!堂々の エントリーです。

6h.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様邸の お引き渡しが 無事終わりました。

お施主様と共に主人公の方が めでたく初エントリーしました。(拍手)

これから 愛車を囲んでの 新しい生活が 始まります。

もうじき仲間入りの可愛い天使と K様御家族に 一杯の幸がありますように。(微笑)

 

円満笑顔パート2 レディス版

1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見学会 2日目  

どうです!

オールレディス!!

お施主様の 御友人達です。

円盤炬燵 回りに (上に)

華やかな 笑顔が並びました。

和やかな 優しい ひとときでした。

丸い形って やっぱり いいですね。

自然に 人の輪が出来上がるから 不思議。

 

2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

今回も 無事 見学会を 終える事が出来ました。

心よく 見学会に 御協力下さいました H様。御近所の皆様方。

どうも 有難うございました。

P・S 

H様 年明けの 元気な赤ちゃん誕生の ニュース!

待ってまぁ~す。(微笑)

 

  

円盤炬燵と 円満フアーミリイ

resize1332.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日 明日は 和邇 H様邸の 住宅見学会です。

朝から お客様も インナーガレージ? 円盤炬燵?  

興味津々で 足を運んで頂きました。

お休みの中 本当に有難う御座いました。(感謝)

ハイ!チーズ!

メインの 円盤炬燵に お施主様の 御親戚様の 笑顔が 

まる~く 並びました。

暖かい御親戚の 笑顔が  ま~るく繋がって

こんなに 微笑ましい ナイスショットとなりました。

皆様の 笑顔と同じく こちらも 幸せな気分となります。

御縁があって 家造りのお手伝いをさせてもらった事に 感謝致します。

土山の住宅見学会

kutu

 26日 27日 28日 今回も
 出来立てほやほやの 
 土山 Y様邸をささやかながら
 お披露目する事ができました 

 WHAT?何が 見える?
 今回のイメージタイトルです
 視線を変える事によって 
 新しい空間の創造と 広がりが
 生まれる事を 提案させて
 頂いた住宅です

特別な営業を している訳ではないので とにかく 見学会に来て下さって 見て触れて 
とみけんの 家造り考え方を 肌で感じて頂く事が出来たらと思っています

運動会シーズンの中ながら お蔭様で 沢山の方々が 来て下さいまして
ありがたく感謝の 気持ちです

元気な子供さん達も 可愛いお客様です

子供さん達の小さな足に 天然木が貼り巡らされた床が 優しく馴染んでるようで 
ごろりと寝転んでみたりと 微笑ましい光景もありました

子供さんの 感性は 正直です
自然素材の 良さも ストレートに感じてくれるのでしょう

自然素材に こだわった家造りを 続けてきて良かった・・・そしてこれからも
この姿勢で 続けて行きたいと思った次第です

situnaitennmadokara



    






この度も  心良く見学会をさせて頂きましたY様 まことに ありがたく感謝の念で 一杯です
とみけんスタッフ一同 お礼申し上げます 

お引き渡し

setumeiいよいよ お施主様に 建物のお引渡しの日

待ちに待たれたお施主様に
大事な鍵を お渡しします

同時に 住設機器の
細かい取り扱い説明をさせて
頂いています


浴室 キッチン トイレ・・・・

住設機器も 日々進化して分厚い説明書片手の
説明がはじまります

今回お施主様も 娘様と 共に 説明を受けて下さいました

このお家もこれからどんどん 家財 家庭用品が運ばれ お施主様の色となっていく事でしょう

isuhonnoisu   


すでに お施主様のセンスと 思いのこもった
なんともいい色合いのソファーが リビングに納められておりました
深い味わいのある赤茶の レザーのソファーは 濃い色合いの床色にとても
馴染んでいました

もうひとつ 面白い物 発見
古書に 見える 椅子
その名のとうり  BOOK FOR SITTING
遊び心のある インテリア

これからも お施主様の感性で どんなお住まいに 変化していくか
とても楽しみです

蔵元さんの しつらえ

玄関うなぎ4うなぎ   









まだまだ残暑厳しい お盆明けの お昼過ぎ・・・・
大津 堅田の 波の音酒造さんにて・・・
 
美味鰻会席と共に お酒を堪能する会に参加
男三人兄弟で 一生懸命に 蔵を守り誠実に日本酒造をされている蔵元さんです

お酒造りが始まるまでの 夏の間だけ 
美味しい鰻と日本酒の味わえるお店として 母屋を開放されています

座敷からは 目の前が 琵琶湖の風景
風格漂う母屋は さりげなく  隅々まで 気が配られ 来客の心を
なごませてくれます

歳月をゆっくり重ねてきた 味わい深いしつらえに ついつい見いってしまいます

玄関先から 庭先  中庭  琵琶湖に望む大庭の  
行き届いた手入れにも関心します
自然と 心と体が癒されていくのは
決して派手ではなく 御仕着せでもない 心配りの空間だから・・

美味しいお料理とお酒で 胃袋と肝臓を 
そして完璧な和空間の中で心を充分満たせて頂きました

酒造りにも 大活躍したであろう玄関先の庭の井戸も  静かに
威厳を持って 我々を 迎え 見送ってくれました

時は 地蔵盆の真っ最中で 波の音さんでも 蔵先さんならではの 
地蔵盆のしつらえがされておりました


しつらいうなぎ7うなぎ8


       

墨と 筆と 心

sin7IMG_1998IMG_1994




 
IMG_1990       墨を 硯でする

      筆に墨を含ませる

      精神を 思いを入れて 一気に筆をらせる


 
以前改築工事させて頂いた お寺様です
気持ちのこもるものとして 手作りの衝立を 
納めさせて頂きました
その折  書道家の方に 一筆お願いしました
緊張の中 筆は堂々と和紙の上を走り抜けました

墨の黒と和紙の白さだけで表現する 
シンプルだけど奥の深い芸術です
見事な書の完成でした

筆の技量は  もちろんの事  
何よりも  大事な事は  一瞬に かける心の入れ方と 精神力の
強さ
の必要さを もう一度考えさせられました.。o○.。o○.。o○.。o○

京都いなせやさんで、乾杯!!

P7310046P7310047P7310045






 
未だ梅雨明けのしない 鬱陶しい7月最後の日
とみけんスタッフで 梅雨払いと称して ご飯食べ会をしました

場所は 以前とみけんでさせてもらった 京都 馳走いなせやさん

仕事も早々切り上げ お店に着いたのは、7時前
お店は カウンターも 座敷も 蔵も お2階もほぼ満席の状態

お店作りに携わったものとしては 嬉しい光景(*゚▽゚*)

お店の着工前は 古い空き家でまさに京の古民家再生
埃だらけの 厳冬の中での 作業でした
あれから 一年半・・・・・・
それこそ お店は活気に溢れ生き生きしていました

奈良の山奥まで捜しに行った吉野杉のカウンター
どんと構えて 酔客の肘ひじを支えてくれてました
 
最近 TVや雑誌などでも度々取り上げられているお店です
地鶏や 産直の食材にこだわった お酒とお料理の美味しいお店です
もし 機会があるようでしたら ふらっと 立ち寄って見て下さいね(*^・ェ・)ノ

夜間照明に照らし出されたお庭の 雰囲気も情緒たっぷりで
お酒も 箸もピッチよく進み 
京都での美味しい夜はあっとゆう間にふけていきました*:--☆--: 

P7310042P7310041P7310048



美味しい打ち合わせ

P8070147P8070148P8070138







ここは 近江八幡
一年半前位に お店作りをさせて頂いた イタリアンのバルベッタさんです 

美味しいランチでお腹を満足させてから~メンテナンスの打ち合わせ
我ながら ナイスプラン!

午前中の仕事を バタバタしまいランチタイム終了間際に 
ギリギリセーフ(´;ω;`)

お店の前には  オープンの時には なかった筈の
ウェイティグチェーアーが・・・・
美味しい時間を 待ちながら座ってるお客さんの姿が 目に浮かび
自分事の様に にっこり(*'-'*)

一年半とゆう時の中で すっかり人気のお店

ひと品一品 手をかけた心のこもった一皿 一皿
オーナーシェフの 誠実で暖かな人柄
ほんとに 暖かな雰囲気が お店に漂ってるのです

P8070140P8070136Aコースで お願いした三種盛り前菜がオーナーシェフ様の 計らいで 満足の5種盛りに(゚∇゚ ;)エッ!?

お言葉にあまえてば遠慮なく頂ました

どれもこれも 美味しくて写真とるのを忘れてしまった
絶品自家製ファカッチャ

ミソの甘みが凝縮された渡り蟹のスパ
手作りの マンゴーじぇラート 濃厚プッディング
フードライターでは ないので  この辺で 押さえときます

最後のエスプレッソで 満足感をもう一度味わい・・・・・・・・
業者さんと打ち合わせもようやく 始まりました

誠実で優しいお人柄がそのまま美味しいお料理に・・ 
きめの細かい親切なサービスと 共にバルベッタさんファンが
増えて行く事でしょう~(*'-'*)

最新見学会

夏休み突入!
18,19,20日の三連休 無事完成の T様邸の 住宅見学会
お天気にも 恵まれ 用意した傘も お蔭様で 出番なし(⌒∇⌒) 

貴重なお休みと言うのに 毎回楽しみにしてきて下さるお客様 私達の 建物に興味を持たれ始めて来て下さるお客様 ホントに 有難く嬉しいものです
 
無から お施主様と 共に 作り上げた思いの入った住宅
そう 手塩にかけた素晴らしく成長した嫁入り前の 娘を お披露目する 毎回の事ながらなんとなくそんな思いで 見学会にのぞんでます
 
完成したT様邸を見たスタッフの一言!
「壁に 抱かれてるみたい!」 

なるほど~ オオーw(*゚o゚*)w  

不思議ですよね
模型や 設計図で 充分頭の中で イメージできてる筈なのに
実際大地に でんと腰を据えた瞬間に 初めて空間の 一部として誕生するのです

思い以上の 迫力と 存在感を  持って!
さぁ~これから緑の壁のT様邸は お施主様と共に色々なシーン 沢山の思い出の一ページを 作りあげてくれることでしょう                 
                 今回も 心よく 見学会に 御協力下さった T様  どうも有難うございました(・◇・)ゞ

IMG_1985IMG_1914IMG_1830

感謝の、お食事会

                                                                       tvmiru.jpg無事 竣工の K様邸にての 暖かい竣工お祝いの お食事会

恐縮ながら 私達有難く参加させて頂きました(o^∇^o)
お 引渡しから 大体3か月位たった頃の嬉しいお誘いでした

家は 人が住んで その住まい方 接し方で どんどん 家は、変化していきます

 



gohannnoypui2.jpg何もなかった 家という名だけの箱が 3か月もたつ頃にはすっかり K様ご家族の生活の拠点として
生気を 持って私達を、迎えてくれました

暖かいおもてなしの料理の 前には ホームシアターにて 
ご主人の 御趣味であるガンダム観賞!
堂々の スクリーンに ガンダムも 迫力もの!オオー!

テーブルに、並べられたお料理と共に 新築お祝いの 乾杯!

gohannnoyoui.jpg 話もどんどん膨らんで 本当に楽しい暖かな時 間を過ごさせて頂ました 

お施主様が 私共を 家作りのパートナーとして 選んで下さり 
完成までの間 いろいろなお付き合いの中で こうして人のつながりが出来上がっていくと言うのは
素晴らしい事と思います
 
ご縁 輪 出会い つながり 

これからも 大事にしていきたいものです
kanpai2.jpg  

改めて 深く感謝の 念であります


本日は 本当に 暖かいお招きありがとう御座いました(*'-'*)
   
 

 

 

Index of all entries

Home > イベント Archive

Search
Feeds

Return to page top